サイトメンテナンス

戦略的なホームページの構築を致します。 サイトメンテナンス
トップページ 会社案内 サイトマップ 制作費

ホームページの賞味期限切れていませんか?

田園風景の屋外広告と同じような感覚でホームページを考えていると、そのホームページを見た訪問者にあまり良くないイメージを与えてしまって、現業のビジネスにも影響を及ぼしてしまいチャンスを逃していることがあります。
ホームページを開設したのに成果が見られないからとか、無関心であったためにホームページにお金をかける必要がないと考え、その後まったく更新していないのではありませんか。成果が出ないのは、それなりの理由があります。問題点を解決しませんか。

 

ホームページリニューアル

成果を出せないホームページは検索エンジンの検索対象になっていないか、コンテンツが稚拙なつくりであるために、せっかく来てくれたが、ここには自分の必要とする情報がないと考え、トップページを見ただけで立ち去っているか検索エンジンからきたのだが、どこに自分の欲しい情報があるのか判断できなかったので、次のWebサイトへと情報を見に行ってしまったなどと、訪問者がリアクションを起こしてくれない結果となってしまっています。ホームページは自分のビジネスをシステム化して作成しないと、訪問者本位のページ作りができません。当社はこのビジネスの仕組みをシステム化するため提案申し上げております。

サイトメンテナンスの重要性

インターネットを利用して優秀な提携企業を検索している業界関係者や顧客層は、ホームページを全然更新しない企業に市場は逆のアクションを起こしています。その結果として古い情報を掲載している企業サイトへは、二度と「見に行かない」という行動をとっているということです。メンテナンスしていないサイトは、会社リテラシーを疑われていますので「優秀な企業ではない」と判断されてしまっています。古い情報で埋め尽くされたホームページは逆効果の現象を生んでしまいます。


賞味期限が1年も過ぎた食品を食べる勇気ありますか?

ほったらかしで陳腐化したホームページや、1年前の新聞や情報誌をあなたは見たいと思いますか?
あなたは長期に亘って古い情報を放置しているホームページを閲覧しますか?
会社の情報が知りたくて訪れたのに、古い情報をいつまでも掲載している企業と取引をしたくても不安があります。
また、ページ内容が更新されていないと、検索エンジンロボットにも見放されてしまい検索順位も下位表示となり、やがて圏外表示と言うことになってしまいます。時代から取り残された情報で商売をしようとしても市場(マーケット)からも支持されません。

Webサイトは自社のビジネスに役立つか?

どんな企業もWebサイトを持っています。ホームページを開設したらもう終わりではありません。ホームページを持つ「目的」を明確にすることは最重要課題といえます。
ビジネスの役に立つホームページなのかを常に検証して!会社の進化に合わせて、営業ツールとして役に立つようにしていかなければ使い物になりません。もはやWebサイトをビジネスに役立てようという動きは、企業にとって当然の動きとなっています。競合相手がWeb戦略で、成果を出していると知ったらなおさらの事です。自分の会社はホームページが活用できているのか?成果が出ているのか?こういった事が引き金となってホームページが活性化される訳です。
私どもに「ホームページ診断」の依頼が増えてきているのも、企業がWeb戦略において真剣な取組みをしていることを、証明しているということではないでしょうか!

企業姿勢がWebサイトの内容で評価される時代です。

このような認識において、企業姿勢を追求していくことで自然と会社のホームページのコンテンツを充実することができます。充実したサイトは、能動的な訪問者にサイトの内容が評価されて徐々に成果が見られるようになります。これが成功への要因となっていきます。
技術提携先を検索している能動的な企業体は、企業資質や技術力などをサポートしたホームページから情報を得ようとしています。気休め程度のホームページで稚拙な情報を開示している会社を「優秀な企業ではない」とする判断指標を持っていますので当然ながら敬遠します。また、情報化戦略に乗り遅れた企業と事業提携しても、Win Winの関係が築けないという指標を持っていますので、このような企業も敬遠してしまいます。
知らないうちに業界内で差別化され、情報化戦略で負けてしまい、そのチャンネル(市場)においてシェアを奪われ、そのうえ企業間の収益格差がでてしまいます。何らかの拍子で訪問者が来ても、カタログ・パンフレット的なホームページでは、満足する情報がないと判断してしまって他のホームページへと行ってしまいます。
残念なことですが、ここで「お気に入りに」追加して頂けませんでした。この時点で負けです!
気休め程度のホームページで満足していると、情報化戦略で差がつきます。
ホームページはポリシーを持たせれば立派な戦略的なビジネスツールなります。
そのために、ホームページを開設するのではありませんか。

ブランディングの失敗

ビジネスチャンスの恩恵を受けるために作成したホームページですから、古くなったホームページは検索エンジンや訪問者から見放されています。当然!成果らしき物が見えてこないサイトは、ほったらかしで予算を掛けてまで、ホームページは修正されてません。また、新しいホームページを予算化してまで作成することはしたくない、社内発注すればよいとか、自分で作ればお金を掛けずに作れるからこれで良いと考えていると、企業姿勢を問われて良いイメージを持っていただけません。

会社リテラシー(能力)を疑わられるような情報をいつまでも掲載している企業は、ホームページを軽視しているとしか言いようがありません。このようなWebサイトが多く残念に思います。インターネットを利用して企業情報を検索している潜在ユーザは、けっこう「疑いの目」で見ていることをご存知ですか。その理由は、ネット犯罪の横行です。お金を送金したが、注文商品が送られてこないとか、ブログで自作自演のコメントを書き込んでいるケースなどがあります。ホームページを見に来る訪問者は、厳しい目で信用できるサイトを見つけ企業姿勢を見に来ています。また、あなたの競合先である同業社のホームページも見に行ってますよ!当然、すべてにおいて比較されています。
成果が出ないのは、サイトの内容が信用されていないか、検索エンジンの検索項目にもヒットしない作りになっているからです。

こんなケースもありました。
自分の技術を自画自賛したサイトとは知らず「患者様の声」を見て問題の○○○○クリニックへ出向き、自分の子どもの治療費として、奨められたこともあって、半金をクレジットで契約して治療を受けることにしました。治療に入って2回の治療を受けました。1回目は子どもが恐怖で泣いたため治療はしてもらえません。2回目の治療で、○○は別料金で有料になりますとのこと、「聞いてません。」と言っても取り合ってもらえません。インフォームドコンセントや治療に関わる契約に詳しい説明もありません。「こんなこと聞いてません」と言うと、この治療は健康保険請求できないからすべて有料で別料金だと主張してきました。
この○○医師に不安を感じたので2回の治療分を差し引いて返金を要求して解約したが、相手先は返金に応じないないということが私の友人に起きた問題です。この○○医師に不安を感じ全額返金を要求して解約したが、治療計画を立てた時点で医師としての仕事は95%終わっているので返金には応じられないと言われてしまいました。消費生活センターに駆け込んでも、取り合ってくれませんでした。○○医師との問題は難しいと言われ泣き寝入りです。

私の言いたいことは、どんな企業も正当な評価を得られるよう真面目にホームページをビジネスツールとして使用すべく、頑張っているのに、一部の人間が自分の企業体を誇張して、お客様に媚びる姿は真面目にビジネスに取り組んでいる企業にとっては迷惑千万です。まともなサイトでも内容を「擬視」されてしまいます。(故にチャンスでもあることを付け加えておきます。)
私がインターネット関係の仕事をしていることもあって相談されたので、そのクリニックのホームページを見に行って驚きました。とんでもない自画自賛の「患者様の声」でした。この業界(医療従事者)の人間が書かないと、このような文章の作り、こんな文体にはなりません。治療に関わる褒め言葉や業界での地位?地域的な○○医師の優位性が「患者様の声」で執拗に書いてあります。(自分で書いていて歯が浮きませんか?と言いたいほど「よいしょ」の文章だった。)また、院長ブログでも恐ろしいもの(細工)を見てしまいました。医は算術なりを彷彿させます。とても「胡散臭い」ホームページでしたが、まだ!このように自画自賛のホームページを見て患者として行く人が多いのも現実です。こんなことが世間に広まると、地域性のある企業は悪い評判がたってしまってホームページやブログでブランディングの確立をしたつもりが逆に失敗してしまうことになります。どんな業界にも一部にこのような人間はいます。私の業界にも多いですよ!ホームページは自分で考えたことを、「ヤラセ」でも簡単に表現できます。
いづれ、この○○医師はほっといても、世間から制裁を受けることになるでしょう。制作会社は依頼者を守るためにも、「ご無理!ごもっとも」ではいけません。プロであれば文章や文体を見ればわかるでしょう。依頼者を守るためにもアドバイスする姿勢が必要です。
公序良欲に反していればブランディングについてアドバイスすることが制作会社として必要かと考えています。そうでなければWebビジネスを真剣に考え真面目に取り組んでいる他のクライアント企業に申し訳がたちません。

 

問題を多く抱えたホームページは成果を出すことができません。「ホームページはお客さまのために存在します。」、自分勝手な解釈で作られたホームページは違和感があります。訪問者は、いろんなサイトを訪問しています。「目的」を遂行するために評価基準も高いです。潜在ユーザーは、いちばんの評価者であることを忘れてはいけません。あなたも、閲覧者として情報を探す場合は、どんなこと考えて探していますか?自分の基準で決めた標準以下のサイトを無意識のうちに飛ばしてはいませんか?閲覧者も、あなたと同じ事を考えているのです! だからこそブランディングを確立しなければなりません。

いつまでも古い情報で埋め尽くされて”放置”されているホームページや違和感のあるホームページは、会社リテラシー(能力)の印象を悪くしていますから現業の仕事にも影響を及ぼしてきます。あなたの会社と取引をしようとする会社は、前もって会社リテラシーを見るために必ず、ホームページを開設しているかを調べてきます。その時にホームページが、メンテナンスされていない悲惨な状態では、きっと信用されないでしょう。サイトを開設していない方がまだマシです。これらが禍してブランデングの失敗の原因となってしまいます。潜在ユーザーに良いイメージを持って頂くことはでません。ホームページは定期的なリニューアルかサイトメンテナンスが必要です。 会社のブランドイメージを損なってはいけません。

 

ホームページ制作の事なら何でもお任せください!検索エンジン対策からキーワードマーケティング、WEBマーケティングが得意なホームページコンサルティング会社です。 岐阜市八ッ梅町2丁目17