ホームページ診断概要 岐阜

戦略的なホームページの構築を致します。 ホームページの問題点解決
トップページ 会社案内 サイトマップ 制作費
ホームページ診断

ホームページの問題点を洗い出します。

Webサイトを構築するにあたり企業のビジネスモデルにおいて来訪者との接点がなければビジネスチャンスにめぐり合うことがありません。サイト内容が稚拙であれば目の肥えた来訪者は評価してくれません。
結果がでない原因を究明して、ホームページが本来持っていなければならない「目的」を、そのサイトで達成することが出来るのかを客観的にページ診断します。

 

早期解決がビジネスチャンスをもたらします。

御社のホームページを適正に診断してビジネスツールとして役割を果たしているサイトなのかを判断して、ホームページの持つ特性からビジュアル的な表現を検証します。また、検索結果に反映されないサイトの構造上の問題点と、コーディング時の問題点を改善します。正当にロボットからサイトを評価される状態にすることを第1段階の「目的」とします。また、基本的な最適化を施していないWebサイトがほとんどです。当社は第一段階で、W3CのWeb標準の勧告に準拠してコーディングの修正又は、再コーディングを施して「検索エンジン最適化」をします。

第二段階では、具体的にお客様がどんなキーワードで来訪されたのか、また!そのときの検索順位は上位で表示されているのか?、上位に表示させるために、手法や技術を用いてあるのか診断して対策をします。潜在ユーザが訪問時に調べようとしていた情報のキーワードと記述してあるキーワードがどれだけコンテンツと連動しているのか、アクセスログを解析して訪問者の思考や要求を想定します。さらに検索エンジンとコンテンツページのキーワードと(X)HTMLの関連性を調べて、さらに!ホームページをマーケティングツールとして使うためにサイトが抱えている問題を修正します。

ホームページは誰のために存在するのか?

「ホームページはお客様のために存在します。」
これを理解しないと、勝手な作りとなってしまいます。
「とりあえずホームページを作った。」これはサイトを構築する上であいまいな理由づけになり目的からズレてしまいます。
それと、ホームページを、自分の勝手な解釈で作成してしまっては、成果を出しにくいのが当たり前です。当社は、専門業者として、マーケティングプランのアイディアを考察して、検索エンジンのアルゴリズム(ルール)を解析しながら作成してます。
また、私たちは、発注者に成果をもたらせるホームページを提供できるよう努力しています。
訪問者と同じ目線でホームページを作成しないと、潜在ユーザから「何らかのリアクション」を望むことは難しいでしょう。潜在ユーザは、あなたの会社が「何をしているのか」、「何をしてくれるのか!」という情報を見に来ているのです。ホームページを開設する意義を理解して作成しないと「目的と理由」があいまいになって、顕在ユーザからは支持されません。
ポテンシャルの高い顕在ユーザは「目的」をもって検索エンジン経由で来ています。訪問者にホームページ内でとってもらいたい行動に焦点をあて、どうすれば訪問者が目的を達成してくれるのかを考えて、訪問者の立場でホームページを修正しなければなりません。

ホームページ診断概要
検索エンジン最適化(キーワード部門)
どんな素晴らしいホームページでも、検索エンジンサイトに認めてもらわないと検索結果に反映されません。サイトが抱えるページ内の問題点を解消しないと、いつまでたっても検索エンジンに抽出されません。検索エンジン最適化はサイト内のソースを専門的に検証してタグの修正をします。W3Cの勧告に準拠した内容で問題を解決していきます。勧告に準拠していないと、度重なる検索エンジンの精度アップやアルゴリズムの変更で順位が大幅に変わってしまい一喜一憂しなければなりません。
巷では、検索エンジン対策などといって「裏技」で検索上位を目指しているサイトがありますが、いづれ検索スパムと認定されてペナルティを頂くことになります。検索エンジン最適化でない対策ワザは、付け焼刃的な処方ですから一瞬は上位表示されるかもしれませんがとても危険です。無謀な処方はやめておきましょう。 W3C検証サービス
ホームページにやってくる潜在ユーザは、たいていの場合、検索エンジンサイトを経由してやってきます。どれだけ有効なキーワードがページコンテンツとして施されているのかを検証します。これは、訪問者が検索エンジンから明確な目的を持って、検索エンジンからキーワードを入力してあなたのホームページに訪れているからです。
※有効なキーワードで検索して、ホームページ全体(全ページ)が検索エンジンにINDEXされているのか調べます。検索不可能な圏外ページを調べてINDEXされるよう具体的な修正をします。また、検索表示順位は何ページ目なのか順位を調べて、キーワードに対するページ内要因を検証して検索上位表示の対策法をレポートします。
目的達成のためのコンテンツを客観的に判断
ビジネスに結びつくホームページは想定しているユーザー層やユーザーに何を訴求しているのかを明確にしています。会社のインターネット上のビジネスモデルを設定して構築してなければなりません。今まで見えていなかった真の目的が見えてきます。
せっかくのホームページも、あなたのビジネスに役立たなくては、費用と時間をかけて作った意味がありません。
*お客様の「目的」を検証してビジネスツールとして役に立つホームページなのかを検証します。
アクセスログ解析(オプションでアクセスログ解析マーケティング)
訪問者がホームページにアクセスすると、ウェブサーバーには「誰が」「いつ」「どこから」来て何を見て「立ち去った」のか、といった情報が記録されます。これが「アクセスログ」と呼ばれるデータです。
このアクセスログを解析することで、訪問者のホームページ内の動きをみて今後の運用に役立てることができます。検索技術の進化でサイト内のどのページも入り口になっています。どのページからでも迷子にならずサイト内を探索できる環境を整えます。
*無料で使えるアクセスログプログラムの設置方法と使い方説明して、今後のWeb戦略に役立てます。
ユーザビリティの検証

ユーザビリティは、そのサイトの機能、性能のことであり、潜在ユーザにとってサイトの使い勝手や利用のしやすさがどれだけ高いかをあらわします。
せっかく検索エンジンを利用して来訪しても、サイト内容が稚拙であればその場で立ち去ってしまいます。ここではサイトの構成をデザイン性や機能性において情報伝達(プレゼンテーション)できているかを判断します。機会損失を防ぐためにも工夫する必要があります。
※訪問者にサイトの内容がわかりやすく「思い!」の情報を見せることができるのか!また、その情報を見て取引をしたいとか、会社(お店)に訪問したいとか。潜在ユーザのリアクションを追求したホームページコンテンツを基に考えます。
ホームページ作りで重要なのは、御社の目的達成の企画です。「とりあえず」で作った多くは予算的な問題であったり、ページ原稿の書き方がわからないとか、作成する原稿(文章)作成が面倒だから「とりあえず作った」といった要因があります。「何のため」「誰のため」を考えればホームページを作る「目的」が出来ます。自分の会社(お店)の未来を予測することです。
その目的達成のため多方面からのアドバイスをしています。

ホームページ制作の事なら何でもお任せください!検索エンジン対策からキーワードマーケティング、WEBマーケティングが得意なホームページコンサルティング会社です。 岐阜市八ッ梅町2丁目