ホームページ診断

戦略的なホームページの構築を致します。 ホームページの悩み相談
トップページ 会社案内 サイトマップ 制作費
ホームページ診断の内容

ホームページ診断の必要性!

ホームページ診断は、訪問者にサイト内で快適に情報を見てもらっているのか?検索エンジンに評価されているか、不都合なことが起こっていればどこに問題があるのかを可視化して診断しています。成果を訴求することができてないホームページは、訪問者や検索ロボットに見放されています。当たり前の事がしてなかったり、作成スキルの問題から起因する「先天的な欠陥」を抱えたWebサイトも多いです。当社は、抱えてしまった問題点を「診断」して、本来の「目的」である「成果」を訴求するために具体的に問題を解決しています。ホームページは、作っただけでは結果を出せません。

ホームページ作成の目的

ホームページを作っただけ!では、成果をだすことは難しいです。結果を出すには、ホームページ作成の目的を明確にしてビジネスモデル(収益をあげる仕組)を構築することです。そして、検索エンジンにも好かれる構造で作成することが大切です。
検索順位が低いとか、稚拙な内容のホームページでもホームページです。ビジネスツールとして役に立たないホームページに期待していても成果は出せません。当社は、訪問者や検索ロボットに無視をされている理由をあなたのサイトから探し出して商用サイトとして「目的」を達成できるように修正します。ホームページはビジネスのチャンスゲインを上げるための道具です。

検索エンジンマーケティングとキーワード対策

具体的にお客様が、どの検索エンジンからどんなキーワードで来訪されたのか、手法や技術を用いてあるのか診断して不備の対策をします。訪問者が調べようとしていた情報のキーワードがどれだけ連動しているのか、アクセスログを解析して訪問者の思考や要求を想定します。さらに検索エンジンとコンテンツページのキーワードと(X)HTMLの関連性を調べて、ホームページをマーケティングツールとして使うために、そのサイトが抱えている不備や問題点を修正した後、検索上位表示を目指します。


商用ホームページの光と影

ホームページを開設すると言うことは、企業が「Web上でビジネスを展開していくのに、どのように活用して、どのような役割を与えるのか」を考えて構築しないと、成果を期待することが出来ません。成果を出している企業は必ずこのような戦略性を考え構築しています。

Web黎明期は、Webサイトの制作費がすごく高額でした。Webサイトを持っていることが企業にとってステータスの時代でありましたが、現在は!どう使うかという時代です。Webサイトはいろんな情報を提供しています。BtoBサイトの場合では、訪問者がその掲載してある情報の中から生産委託ができるパートナー企業を探したり、その会社が持つ特別な付加価値を見つけて、商品購入に結びつけようとしています。
また、BtoCサイトは消費者の購買行動を分析すると、商品や購入先情報を絞り込むためにホームページを利用しています。このような顧客ニーズの需要を見込んで、Webでプレゼンテーション(提案営業)できるようにビジネスモデルを構築されているホームページは、ビジネスチャンスの恩恵を受けています。

 
この業界は10年程度で急成長した業界なので、営業マンとデザイナー、コーダーで組織されたWeb制作会社が出現してきました。この業界は、ホームページを作ることができれば誰でも独立開業できます。
Webサイトを構築できる制作会社と、ホームページを作ることしかできない業者が混在したあいまいな部分を残した業界です。
作るだけの業者は、自社のビジネスモデル(お金儲けの仕組み)しか興味がありません。
自社のWebサイトでは、立派なことを言っていますが、「どうしたらビジネスに成果をもたらすことができるのか!」は、専門外のためアドバイスできません。
また、これらの制作会社も「定説通り」自社のホームページで、「ビジネスツール」だと言っています。
その結果、依頼者は自分のホームページが商売のツールとして活用できるものとして解釈してしいます。
このように、企業は自社の「目的を達成」することをWeb制作会社に期待してホームページの作成を依頼しています。
しかし、依頼者の要求が満たされていないのが現実の問題です。

 

お伝えしたいことを要約しておきます。
ホームページは、新しい分野(販売チャンネル)で市場を確保するビジネスツール(道具)です。Webでのビジネス展開は、戦略的な計画がクライアント企業から要求されています。これらの要求に応えるため、制作会社はクライアント企業に、側面的に支援できなければなりません。

 

Webサイトを開設しても成果を出せないのは、サイト自体に問題を抱えているということです。
自作するにも、制作会社に依頼するにしても、Webサイトを開設して、「何をしたい」のか、「目的を明確」にして、その目標を達成できるWebサイトを構築する努力が必要です。
せっかく、予算組みしてホームページを作成しても、見ることに耐えられないホームページは1ページ見ただけで訪問者は帰ってしまいます。せっかく検索上位表示が実現されても、直帰率70%以上のサイトは、訪問者が「要求」する情報がないと判断した結果です。このようなWebサイトしか作成できない制作会社は多くあります。制作会社に依頼する場合は、自社の戦略性や将来の会社展望について話すことです。
まともな制作会社は、ヒヤリングを基に、あなたの会社「ならでは」の強みを見抜き、ビジネスの提案をするでしょう。戦略性のないコンテンツの乏しい計画や、戦略的な計画が策定できない制作会社はホームページを作るだけの会社と考えても良いと思います。

 

同業者や友人の会社が成果を出しているのに、自分の会社は成果らしきものが出てこない。その理由として考えられるのが、競合他社に真似のできない「核」となる能力をページ上でプレゼンできていない結果なのです。

あなたが、ホームページを作成するための原稿を提出しなければ、良いホームページは作れません。
成果を訴求できないWebサイトは、原稿の作り方(コンテンツ提出)もわからないままに、制作会社に原稿を要求されて安易に提出してしまった結果、制作会社が作りやすい方法で作成したホームページなってしまったからです。
パンフレット風にアレンジしたページデザインは見栄えが良いから納得してしまうでしょう。しかし、画像中心で作成されたWebサイトは、訴求力が欠けています。訪問者にインパクト与えることができません。

ついでに検索エンジンからも見放されてしまいます。当社も、会社案内程度のホームページ作成は大歓迎です!
理由はクライアント企業の成果を考えて作成する必要がないため、短納期で作成費用をいただけるからです。成果が見込めないから、すぐにリニューアルの案件が入ってきます。
これが、お客様の"囲い込み"としての手段です。一度間違えると「負の連鎖」に入ってしまう危険があります。
制作会社を選ぶ基準くらいは勉強しておきましょう。囲い込みの手段は、いくつか報告されています。
代表的な方法は、ドメイン管理とサーバーの管理を一元化しています。あなたは、制作会社に毎月サーバー代金(管理料など)として数千円から数万円払っていませんか。契約が切れるとWebサイトも消滅してしまいますよ!
クライアント企業の思いは、「ビジネスに直結した役に立つホームページサイト」を要望しています。しかし、制作会社を選定するにもいろんな問題点が浮上してきます。デザイン重視の会社は、「会社案内」としてのデザイン性を重視します。
テクニカルな制作会社はいろんなテクニック(動画・フラッシュアニメーション)を使いたがります。
当然、これらも重要な課題でありますが、ホームページを設計する段階で、ホームページの持つ特性を理解していないと成果を訴求できません。
訪問者に支持されるホームページは、ストレス(違和感)を与えることなく「目的」のページにすばやくたどり着けるようなデザイン性が必要です。そして、作成するサイトのソリューションコンテンツ(提案営業)をプレゼンテーションするということです。もう一つ重要なことは、検索エンジンからの評価を受けることです。

Yahoo!やGoogleの検索において上位表示させることは大切なことです。ホームページの役割は、「会社案内」ではありません。ビジネスツールだと言うことを忘れてはいけません。
お客様の要望に基づき成果を出せないホームページを診断すると、すべてのチェック項目の評価で「修正」が多いのも事実です。中には、制作者のスキル不足で起きるミスや手抜きなど、欠陥ばかりが目立つフェーズ4、(再構築)のWebサイトも多くあります。 ホームページ診断は、ビジネスチャンスの恩恵を受けるための第一歩です!

 

サイトが抱える問題を解消して成果を訴求する。
結果が出ない原因を追究して、ホームページが本来の「目的」を達成することが出来るのかを辛口で専門的にサイト診断します。
★目的達成のためのコンテンツを専門的に判断
★ユーザビリティ(使いやすさ)・アクセスビリティ(わかりやすい)の検証
★キーワード対策
★ソースの解析(X)HTMLとCSS、W3CのWeb標準の検証(検索エンジン最適化)
★アクセスログを解析して、これからのWebマーケティングに必要な要素を診断・アドバイスします。

※当たり前のことですが成果を出すことができないサイトは、直帰率が70%以上あります。当社のwebサイトを見て「相談された」事例ですが、自分のビジネスとは関係のないブログを2サイト立ち上げ、ビジネス用サイトに誘導しているのだが直帰率が80%以上もある。そしてオフィシャルサイトのTOPページが検索されなくなってしまった!という現象が起きているとのことでした。この状態を伺えば、ある程度の知識のある方であれば判断できると思いますが、それは誘導されたホームページへ行ってはみたけれど「自分には無縁で関係のない」サイトだったということと、「欲しい情報がない」と判断したために目的とするページまで見てくれないからであります。
そして検索除外は、TOPページが巷間で言われているTDPを起こしているということだけなのです。TDP(トップページ、ダウン、ペナルティ)は意外と「裏ワザ」対策されている場合が多いです。このような場合は、即刻!サイトの見直しと運営方針を再構築すべきです。訪問者が多いだけではビジネスに役立ちません。Webでのビジネス展開は、自分の会社の目的とするユーザーの確保と成果をどれだけ上げることができるのかと言うことなのです。このようなWebサイトは、SEO(最適化)されていないために、検索エンジンサイト(Yahoo!、Google)は、あなたのWebサイト全てをページインデックスしてくれていません。
このような状態でホームページを開設していても、成果を訴求することはとても難しいです。
 

当社は、第三者的にサイト内容を的確にWebサイトを診断して訪問者から信頼を得られるよう、最終的に専門性・利便性・情報量を重視したサイト構成にするためアドバイスして、検索ロボットや訪問者からの評価視点を高く得られる状態にします。 商用で開設したホームページがチャンスロスを起こしていては、Webを利用したビジネスとしては問題があります。
訪問者が少ないとか!成果率が低いホームページは、そのサイトの問題点を専門的に診断して解決して行く姿勢が必要です。

 

ホームページ制作の事なら何でもお任せください!検索エンジン対策からキーワードマーケティング、WEBマーケティングが得意なホームページコンサルティング会社です。 岐阜市八ッ梅町2丁目